シャンプー・トリートメントの選び方

へアケア用品の危険性

ヘアケアの危険性はありますが、 だからといってシャンプー、 トリートメントをしないわけにはいきません。

パーマやカラーリングは、 「する」「しない」という選択が可能ですが、

シャンプー、トリートメントについては、 ほとんどの女性が使用することと思います。

女性 シャンプー5  

かみのかみの

シャンプー・トリートメント選びについての知識を得れば、 ダメージからあなたの髪と頭皮を守ることは可能でしょう。

ここからはそのための知識について紹介していきましょう。

 

シャンプーは、 「化粧品」「医薬部外品」のいずれかに分類されます。

化粧品は、薬事法で全成分を表示することが義務づけられています。

 

化粧品に分類されるシャンプーの裏側やパッケージには、 必ずすべての成分が、 配合量の多い順に記載されています。

(ただし、1%未満の成分は順不同)

 

前のほうに書かれている成分のほうが量が多いことになるので、

有効な洗浄成分と考えるのが一般的です。

 

一方、医薬部外品に分類されるシャンプーは、

すべての成分を表記する義務がありません。

 

医薬部外品とは、 医薬品よりも効果が穏やかな薬品のこと。

シャンプーの場合、 フケを防ぐ」「かゆみを防ぐ」「育毛剤の浸透を助ける」など、

効果・効能が認められる成分が入っていれば、

医薬部外品に分類されます。

薬用スカルプ 医薬部外品    

かみやまかみやま

薬品の一種なのですから、 むしろこちらのほうが成分をきちんと表示しなくてはいけないのでは? と感じる人もいるかもしれませんが・・・。

 

医薬部外品は叉記載順に規定はなく、

有効成分から先に記載することが多くなっています。

 

場合によっては、

前のほうに書かれている成分が、

有効な洗浄成分ではないこともあります。

 

化粧品/医薬部外品に分けられるシャンプー、

さらに洗浄成分である合成界面活性剤の種類によって

〈高級アルコール系〉〈石けん系〉〈アミノ酸系〉

3つに分類することができます。

 

高級アルコール系は、 市販されているシャンプーに多いタイプ。

 

鉱物油や動柚物油脂などから作られる

合成界面活性剤が入っています。

 

洗浄力がとても強いので、

頭皮の状態がオイリーの方には向いていますが、

肌が弱い方には、

頭皮への刺激が強過ぎることがあります。

頭皮が荒れる アレルギー反応 「ラウリル硫雌ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」が 入っているシャンプーのほとんどが、 この高級アルコール系です。

 

ちなみに、ここでいう「高級」とは、

成分や価格が高級なものという意味ではなく、

「災素数が多い」という意味ですので、

勘違いしないようにしてください。

 

石けん系とは、 脂肪雌ナトリウムなどから作られる

合成界而活性剤が入っているシャンプー。

 

頭皮への刺激は弱いのですが、 洗浄力はやや強め。

 

頭皮の状態が正常~オイリーな方に向いています。

ただし、石けん系シャンプーはアルカリ性なので、

髪がゴワゴワしやすく、 石けんカスが頭皮や髪に残りやすいのが欠点です。

 

 

パサついた髪の毛
まとまらない。。

よくすすぐことと、

アルカリ性に傾いた髪の状態を弱酸性に戻すことが必要です。

 

そのためには、「酢」でリンスするのがおすすめ。

洗面器半分のお湯に対し、 大さじ2の酢を入れ、

好みで精油を数滴加え、よくかき混ぜます。

それを髪の毛につけ、 洗い流さずにタオルドライすればOKです。

タオルドライ   アミノ酸系シャンプーには、

アミノ酸から作られる合成界面活性剤が入っています。

 

かみのかみの

洗浄力はやや弱めですが、 髪や頭皮への刺激が低いのが一番の特長です。 さまざまな頭皮状態の方におすすめで、 とくに髪をよく洗う方、 ダメージヘアの方、 皮膚が弱い方に向きます。

 

最も安心して使えるのはアミノ酸系シャンプー

これらのシャンプーのうち、

すべてのタイプの頭皮にやさしく、

髪に対しても低刺激、

つまり身体に対する安全性が高いのは、

アミノ酸系シャンプーです。

 

肌=頭皮と同じ弱酸性なので、 保湿性が高く、頭皮がつっぱりません。

 

かみやまかみやま

洗い上がりの髪のパサつきもなく、 髪にもやさしいシャンプーといえます。

 

また、アミノ酸は天然素材で 生分解性・資化性(=自然に還りやすいということ)に優れていることから、

人体だけでなく、地球環境にも負荷をかけにくいシャンプーです。

アミノ酸系シャンプーの見分け方ですが、

商品に「アミノ酸系」と書いてあれば 間違いなくアミノ酸系の洗浄成分が含まれています。

 

アミノ酸系の洗浄成分はたくさんの種類や表記があり、

一概に「この成分が入っていればアミノ酸系シャンプー」と 断言することは難しいのですが、

代表的なアミノ酸系の洗浄成分をいくつか挙げると、

ココイルグリシンナトリウム、

ココイルグリシンカリウム、

ココイルグルタミン酸ナトリウム、

ココイルグルタミン酸カリウム、

ココイルアラニンナトリウムなど。

 

これらのアミノ酸系の洗浄成分が、

全成分表示の上のほうに書かれていれば、

アミノ酸系シャンプーといえます。

 

ただし、アミノ酸系シャンプーは、

石けん系シャンプーや高級アルコール系シャンプーに比べて 洗浄力がやや弱いため、

時間をかけて丁寧に洗う必要があります。 女性 シャワー1

 

また、髪がペタンとなってボリュームを出しにくいことや、

アミノ酸系の洗浄成分を作る原料の価格が高いため、

製品の価格も高くなってしまうことは

残念な点といえるでしょう。

 

シャンプーを選ぶときは、

皮膚や頭皮にトラブルが起きないかどうか、

まずはサンプルを試してみましょう。

肌が弱い方はあまり多くの成分が配合されていない

(=全成分表示の数が少ない)ものを選んだほうがベターです。

 

ある成分に対するアレルギーを持っている場合、

配合されている成分の種類が少ないほうが、

トラブルが起きるリスクは低くなると考えられます。

 

おススメの商品

頭皮の大事な常在菌に優しいシャンプー!

頭皮の適度な潤いを保ち必要な『常在菌』を活かす!

東洋ハーブを10種厳選!痩せた髪の毛に力を与えます!

カラーなどで傷んだ髪がしっとりすると大好評です。

 

女性 薄毛TOPへもどる