くせ毛を直すオススメの最新テクニックと対策方法!

くせ毛って昔からの人と年を取ってからなる人といますよね。

くせ毛 直し方

ウスイウスイ

わたしは、30を過ぎてから

すごいクセが強くなりました。

 

かみやまかみやま

どうすればキレイな髪になれるのか?

最新ケアも含めて

ご紹介します。

くせ毛の原因

くせ毛は先ず

  1. 先天性
  2. 後天性

の2つに分けられます。

 

先天性は遺伝です。

父親も母親もくせ毛だと遺伝する確率は90%と言われています。

 

遺伝は毛穴が真っ直ぐでなく、歪んでいたりします。

 

 

歪んだ毛穴で出来るくせ毛は、大きく2種類あります。

波状毛(はじょうもう)

捻転毛(ねんてんもう)

です。

 

日本人に多いのは

捻転毛です。

 

捻じれとカーブが混じった毛です。

 

とくに前髪や後ろ髪に多く現れます。

 

波状毛は雨が降ったり湿気が強い日に縮れるタイプの人です。

 

頭皮の潤いやハリが無くなったのが原因でくせ毛になる人も多数います。

女性は特に年令とともに頭皮の潤いが不足しがちになります。

 

女性ホルモンのエストロゲンが不足し頭皮の弾力・ハリが無くなり、今まで真っ直ぐだった毛穴も歪みがちです。

 

年とともに髪がウネッたり薄くなったりするのは、女性ホルモンが大きな原因となっています。

 

くせ毛のクセ

くせ毛は直毛の人に比べて髪が歪んでいるのでキューティクルがはがれやすいと言われています。

 

また、元々の水分量が少なく常に乾燥しやすいという性質があるそうです。

くせ毛 直し方

 

このくせ毛の性質を聞くと思い出すことがあります。

 

薄毛の原因の一つ。頭皮の乾燥です。

 

ウスイウスイ

年齢と共にクセが強くなったのは

非常に気になります。

 

乾燥がくせ毛を?

年齢とくせ毛についていろいろと調べてみました。

 

すると一つ大きな問題に気づきました。

 

 

乾燥した頭皮がくせ毛を生んでいる??

ってことです。

 

加齢とともにくせ毛になるのは毛包が委縮したりするから。

 

毛包がどうして委縮するのか?

 

それは頭皮の乾燥などが原因で

マラセチア菌の増殖による

頭皮の炎症が毛包を委縮させます。

 

順番からいうと

  1. 頭皮の乾燥
  2. 頭皮の炎症
  3. 毛包の委縮
  4. くせ毛
ウスイウスイ

だから、年齢と共に

くせ毛が目立つようになるんですね。

くせ毛 直し方

 

女性ホルモンのエストロゲンが減少する。

すると、頭皮の潤いが奪われる。

そして、炎症が起こりやすい環境に。

炎症が起こると毛包が委縮。フケも発生して毛穴も詰まりやすくなる。

 

かみやまかみやま

完全な悪循環ですね。

 

くせ毛の対策

 

かみのかみの

先天性でないケースでのくせ毛の直し方のポイントは

 

頭皮の乾燥を防ぐことです。

 

潤いのある頭皮。

潤いのある髪の毛。

 

かみのかみの

頭皮環境を整えることが

本当に大事です。

 

頭皮が乾燥するのは、2つ大きな原因が考えられます。

 

1つは女性ホルモンの減少による頭皮の潤い不足。

1つはヘアケアやシャンプーの間違いによる頭皮の乾燥。

 

年令とともにウネリが強くなったり髪の毛がパサパサになってきた人は、女性ホルモンの減少を補う必要があります。

 

女性ホルモンの減少を補うには、大豆イソフラボンなどのサプリメントが良いと最近話題になっています。

大豆イソフラボンの化学構造式とエストロゲンの化学構造式が似ているので、減少した女性ホルモンを補ってくれます。

 

大豆イソフラボンの効果をより感じられる人と、そうでない人がいます。

それは、エクオールという物質が体内で生産出来る人なのかどうか。

 

日本人女性の約半数はエクオールという物質を体内で生産出来ます。

出来ない人は、エクオールのサプリメントが一番オススメです。

 

普段の食生活の改善も非常に大切な要素です。

 

意識してほしいのは【まごはやさしい】と言われている食生活です。

「ま⇒豆」

(納豆・大豆・豆腐・あずき・黒豆・油揚げ・高野豆腐など)

「ご⇒ごま」

(アーモンド・ごま・ピーナツ・くるみ・栗・ぎんなん・松の実など)

「わ⇒わかめ」

(ひじき・わかめ・のり・昆布・もずくなど)

「や⇒野菜」

(ほうれん草・トマト・白菜・キャベツ・セロリ・もやしなど)

「さ⇒さかな」

(青魚や鮭など)

「し⇒しいたけ」

(まいたけ・マッシュルーム・しいたけ・しめじ・エリンギ・なめこなど)

「い⇒いも」

(じゃがいも・さつまいも・里芋・山芋など)

最近では『よ』と『な』も付け加えられ

『まごわやさしいよな』とも言われています。

『よ』はヨーグルトで『な』はナッツです。

 

ちょっと昭和初期の食卓をイメージしてしまいますが、普段の食生活は【まごはやさしい】を意識して、たまの外食はハメを外すくらいで良いかもしれません。

 

シャンプーなどのヘアケアは、刺激が少ないもの。

 

シャンプーは洗浄力を一番にスッキリ洗い流せるタイプを好む人。

香りが強いものを好む人。

 

大きくこの2つが一般的に好まれます。

 

でも、大きな間違いでもあります。

シャンプーなどのヘアケア製品は、年齢が高くなればなるほど頭皮に優しいものを選ぶ必要があります。

 

オーガニックシャンプーなどがおすすめです。

ヘアケア製品も、ノンアルコールを選びましょう。

 

アルコールは頭皮の潤いを飛ばして乾燥させてしまいます。

敏感肌の人がヘアケア製品を使用してピリピリ感があるって人は、アルコールが問題のケースも多いようです。

 

最新くせ毛ケア

頭皮の乾燥を防ぐ。

 

かみやまかみやま

現在お使いのシャンプーは

オーガニックシャンプーでしょうか?

 

 

シャンプーは香りで決める。

あんまりこだわりなく決める。

美容師さんのオススメだったから。

 

けっこう適当に決めている人が多いです。

 

ウスイウスイ

わたしもそうでした(笑)

 

シャンプー女性 8

でも、オーガニックシャンプーという存在を知って

使ってみるとわたしはスゴク変化を感じました。

 

せめてシャンプーを選ぶときは

  • 合成香料
  • 着色料
  • 鉱物油
  • アルコール

は不使用と記載されているものを

選びましょう。

 

シャンプーなどのヘアケアは、ほとんどの人が毎日使っていると思います。

毎日毎日、頭皮にダメージを蓄積するイメージをしてください。

 

お肌同様、頭皮は薄い皮膚です。

ドンドン奥深くダメージを蓄積してしまいます。

 

せっかく食生活を改善しても、頭皮からダメージを与えていては意味がありません。

 

頭皮環境を良くするヘアケア製品を選ぶこと。

そして、体内からも潤いを与えていくこと。

 

これが、くせ毛の直し方で有効です。