女性用育毛剤の選び方。ポイントは人によって違う?正しい選び方のポイント5

初めて女性用育毛剤を使おうと悩んでいる人。

 

何回か女性用育毛剤を使ったが、自分に合っていないから変えようと考えている人。

 

かみのかみの

女性用育毛剤を試してみたけど効果を感じなかったという人は、選び方そのものが間違えている人が多いです。

 

 

正しい選び方のポイントをいくつかご紹介しますので、あなたの悩みを最短距離で解決できるように。

育毛剤の分類で選ぶ

薬用育毛剤と書いているものは、医薬品だと勘違いをずっとしていました。

薬用スカルプ 医薬部外品

最近になって、ようやく理解が出来ました。

 

薬用育毛剤は医薬部外品なのですね。

育毛剤は大きく3つに分類されます。

医薬品

医薬品は明確な効果・作用が認められています。

効果が高い成分が含まれているので、副作用の可能性も高いと思われます。

 

ドラッグストアなどで購入できる第一類医薬品~第三類医薬品は、法律が変わり副作用のリスクによって分類が変わります。

第一類医薬品は副作用のリスクが高いもの。

一部の育毛剤などは第一類医薬品に入ります。

 

第二類医薬品は副作用のリスクが中程度と考えられているもの。

一部の鎮痛薬など。

 

第三類医薬品は副作用のリスクが低いと考えられているもの。

一部の整腸薬や消化薬など。

 

育毛剤は副作用が高いと考えられているものに含まれます。

ミノキシジルが含まれているものは妊娠中や授乳中のママは成分が母乳に移るので使ってはいけないという副作用があります。

 

知らずに勝手な判断で授乳中のママさんがミノキシジルが含まれている育毛剤を使うといけないので、薬剤師さんから購入します。

各種医薬品の販売方法は下記のとおりです。

 

各種医薬品の販売方法
要指導医薬品 一般用医薬品
第1類 第2類 第3類
 

販売者(情報提供者)

薬剤師

特定販売不可※1

薬剤師

特定販売可能

薬剤師又は登録販売者※2

特定販売可能

 

質問がなくても積極的に行う情報提供

対面で文書を用いて情報提供(義務) 文書を用いて情報提供(義務) 情報提供に努める(努力義務) 必要に応じて
 

相談があった場合の情報提供等

義務 義務
 

購入者が使用者であることの確認

必要に応じて
 

購入者の理解の確認後の販売

義務 必要に応じて

※1:インターネットや電話、カタログ等により一般用医薬品を販売することを特定販売といいます。

 

医薬部外品

効果に即効性はないが副作用のリスクも少ない。

医薬品と化粧品の中間に位置するのが医薬部外品です。

 

効果や作用を製品にうたうことは許されています。

『薬用』と記載されているものは医薬部外品です。

 

女性用育毛剤で一番購入されているものが医薬部外品の育毛剤です。

かみのかみの

安心して使える中で効果や作用がそれなりに高い。

 

ほとんどの育毛剤メーカーが医薬部外品の育毛剤を出しています。

 

化粧品

化粧品は効果や作用をうたうことは出来ません。

医薬部外品よりも効果や作用はゆるやかです。

 

かみやまかみやま

育毛・養毛よりもケアをするものとイメージするとわかりやすいです。

 

ちょっと抜け毛が増えてきたのでケアをしたい人。

そういう人は化粧品で頭皮の保湿ケアをして抜け毛ケアをする。

 

 

年代別の選び方

年代によって症状も原因も変わってきます。

 

20代の女性の薄毛の原因と50代の女性の薄毛の原因は違います。

20代女性

20代女性の薄毛の原因で一番多いのは『過激なダイエット』では?

パサパサの髪の毛 女性薄毛 病院

どうしても夏までに痩せたいからと短期間で強引なダイエットを決行。

 

食事制限もキツイもので、お腹が空いて睡眠不足に。

 

生活習慣が大きく乱れたことによる薄毛。

 

育毛剤を選ぶ前にまずは生活習慣を正しくリズムよく戻す必要があります。

 

かみのかみの

20代女性におすすめの育毛剤は『無添加』の頭皮に優しいもの。

マイナチュレが女性用育毛剤の中で20代女性に多く購入されています。

 

 

30代女性

30代女性は体質が大きく変わるタイミング。

女性ホルモンの中で髪の毛に大きく関係している『エストロゲン』が急激に減少し始めます。

女性ホルモングラフ

特に髪の毛の質が変わり、うねりがキツくなったりパサパサになってきます。

早い人は白髪も目立つように。

 

かみのかみの

おすすめの女性用育毛剤は頭皮の環境を整えるタイプや血行促進効果があるもの。

頭皮美容液が人気のミューノアージュが30代後半~の人に人気があります。

 

40代女性

40代女性はエストロゲンのグラフを見てもわかるように、分泌量が半分以下に。

女性薄毛 病院

人によっては更年期の症状に悩まされることもあります。

 

頭皮が乾燥しやすく白髪もかなり増えてきます。

 

白髪染めやカラーをすることも増えるので、髪の毛の悩みが色々と多くなります。

 

かみやまかみやま

おすすめの女性用育毛剤は痩せた髪の毛を太くするタイプ。

特に毛穴の奥にある毛母細胞・毛乳頭細胞まで育毛成分を届ける必要があります。

 

必要な育毛成分をナノ化した長春毛精がおすすめです。

 

50代女性

50代女性はエストロゲンのグラフを見てもわかるように、減少がかなり下のレベルで落ち着き始めます。

髪の毛が痩せてきて頭皮が透けて見える事が気になります。

 

髪質も20代の頃と比べて大きく変わり、パサパサでうねりが強くなります。

 

50代女性におすすめの女性用育毛剤は長春毛精です。

血管が細くなり毛乳頭細胞へ必要な栄養が届きづらい状態になっている50代女性。

 

かみのかみの

体内からの不足した栄養を届けるにはナノ化した長春毛精がおすすめです。

 

60代~女性

60代女性の薄毛は老化した血管が原因の血行不良による髪の毛の痩せ。

ミドル女性 薄毛 悩み

女性ホルモン『エストロゲン』の低下が原因の頭皮の老化。

意外と偏った食事内容による食生活の乱れ。

運動不足など。

 

一昔前ならもう60だからと髪の毛のことは諦めていましたが、今は時代が大きく変わりました。

60代でも十分にケアができます。

 

かみのかみの

フケやかゆみがある人におすすめの女性用育毛剤は『ミューノアージュ』

髪の毛が痩せてうねりが強くパサパサの人におすすめの女性用育毛剤は『長春毛精』

 

 

症状別の選び方

症状によっても選び方は違います。

育毛剤を選ぶより専門のお医者さんに診てもらうことが大事な症状もあります。

 

症状は大きく下記の5つに分けられます。

びまん性脱毛症

全体的に髪の毛が痩せてきて薄くなる症状です。

女性ホルモンのバランスが乱れて起こる症状で、女性の薄毛トラブルで一番多い症状です。

 

びまん性脱毛症で考えられる大きな原因は

  1. 女性ホルモンの減少
  2. 頭皮環境の悪化
  3. 生活習慣の乱れ

などが考えられます。

 

食生活の欧米化やストレス社会の影響など。

女性が受けるストレスは大きな問題です。

 

びまん性脱毛症の人におすすめの女性用育毛剤は、

  • ミューノアージュ
  • マイナチュレ
  • 長春毛精

です。

 

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は抜け毛がひどくなります。

原因は頭皮にいつもいるマラセチア菌という常在菌。

 

バランスよくいる分には問題はありませんが、フケや脂質が増えてくるとマラセチア菌はフケや脂質を食べて増殖します。

増殖したマラセチア菌は皮脂をドンドン食べて中性脂肪を分解します。

この分解した中性脂肪が毛穴に詰まったりして毛包炎を起こします。

 

かみのかみの

慢性的な脂漏性脱毛症になると非常に厄介です。

脂臭いニオイは女性にとって最悪の敵。

 

一番最初にするべきことは、専門のお医者さんに診てもらうこと。

勝手な自己判断で症状を悪化させるのだけは避けないといけません。

 

始まりは頭皮の乾燥からくる小さなフケだったり、脂分不足による脂質の異常分泌だったり。

脂漏性脱毛症は頭皮環境の悪化が始まりです。

 

小さなフケや脂っぽくなってきて薄毛も気になる人は、頭皮環境を整える女性用育毛剤のミューノアージュがおすすめです。

最初の段階でケアすることが大事です。

 

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)

思春期以降の男子に起こりやすいのが粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)

フケと抜け毛が合併した脱毛症で脂漏性脱毛症との明確な違いが専門のお医者さんでも判断しづらいのが特徴です。

 

病院での治療方法も脂漏性脱毛症と同じ方法です。

 

かみのかみの

粃糠性脱毛症も最初にするべきことは、専門のお医者さんに診てもらうことです。

 

皮脂が増えてきたときにフケが出やすくなるのがポイント。

症状が悪化する前に頭皮環境を整えるミューノアージュでケアすることがおすすめです。

 

牽引性脱毛症

ヘアスタイルの影響による薄毛です。

いつも後ろにギュッとまとめることが多い女性が悩む症状。

 

引っ張るヘアスタイルを変えることが一番大事なケアになりますが、職業柄そうも行かない人もいます。

 

引っ張る力が強すぎて毛包が萎縮することが原因と言われているのが牽引性脱毛症

まとめる時も負荷を出来るだけ抑える方法に。

 

ヘアスタイルを変えても薄毛に変化がない時は専門のお医者さんに診てもらうこと。

 

円形脱毛症

円形脱毛症はストレスが大きな要因と言われています。

女性用育毛剤を使う使わないという判断より、必ず専門のお医者さんで診てもらうこと。

 

都市伝説的に

『円形脱毛症だからストレスがなくなれば直ぐ治るよ』って言う人がいます。

 

かみのかみの

しかし、円形脱毛症は原因不明で慢性的な症状になる時も。

蛇行性円形脱毛症や全頭型や多発型といって、全体に広がるケースもあります。

 

少し円形脱毛症かなって気になり始めると、ずっと気になります。

気になるとストレスになるのが人間です。

 

専門のお医者さんに診てもらうことで、ストレスを大幅に軽減することもできます。

 

 

予算で選ぶ

女性の薄毛 育毛剤

予算で選ぶにはポイントがあります。

  • 初回購入金額がを安く設定しているが、購入回数に縛りがある
  • お試し価格がある
  • キャンペーン等がなく通常価格のみ

 

かみやまかみやま

女性用育毛剤は最低でも3ヶ月は試して欲しいのが、各メーカの思いです。

それは、髪の毛の成長スピードと関係します。

 

髪の毛の成長が1日に0.3~0.5mmです。

毛乳頭細胞で髪の毛が作られて、痩せた髪の毛が太くなったと実感するのに数週間では正直無理な話です。

 

かみのかみの

できれば半年、最低でも3ヶ月は試して欲しい。

 

予算で選ぶ時も半年か3ヶ月の予算と、初回の予算の両方を検討してください。

半年くらいは最初から続けるつもりだから、ニオイと育毛剤の使い心地を確認したいという人は初回の予算が安いものを選ぶのが良いでしょう。

 

 

おすすめの選び方

アルコールが含まれているか、ノンアルコール・アルコールフリーかどうか。

ミューノアージュ 女性用育毛剤

アルコールは混じり合わない育毛成分などを混じり合わせるために使用しています。

ただ、脱脂洗浄力や収れん作用で頭皮の環境を悪化させる可能性も。

アルコールに反応する敏感肌の人もいます。

 

かみのかみの

できればアルコールフリー・ノンアルコールを選ぶのが良いでしょう。

 

また、白髪染めやカラー剤にもアルコールが含まれていて、育毛剤のアルコールに反応して白髪染めやカラーがとれる可能性もあります。

 

パーマの人もアルコールフリー・ノンアルコールがおすすめです。

 

おわりに

育毛剤を選ぶ上で優先順位をつけるのがポイント。

  1. 自分の症状に合ったものを選ぶ
  2. アルコールの有無
  3. 予算

目的は薄毛の悩みを解消して、好きな髪型で日々を楽しむこと。

予算のことを考えすぎると、遠回りする可能性もあります。

 

まずは、症状に合ったもの使いましょう。

 

できれば内外双方からのケアが悩み解決の早道です。

食生活の改善はもちろん、足りない栄養素をサプリメントで補給することでケアスピードを上げることもできます。

 

女性用育毛剤の詳細・キャンペーン情報については下記を御覧ください。

女性用育毛剤 人気ランキング